迷夢通信(その5)

女の人がぼくが書いた小説を読んで、「ストーリーはないのに匂いがある」と言った。
スポンサーサイト
砂猫
Posted by砂猫

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply